水1リットル当たりに含まれるカルシウムやマグネシウムなどの含有量を「硬度」と言います。

硬度の値によって「軟水」と「硬水」に分類され、分類の基準は国によって異なりますが、日本では100mg/L未満を「軟水」としています。

日本の水道水はほとんどが100mg/L未満の軟水ですが、水源が井戸などの場合は硬度が高めになります。

硬度とは

 硬度とは、水の中に含まれるミネラル類のうちカルシウムとマグネシウムの合計含有量の指標です。
簡単に言うとカルシウムとマグネシウムの含有量が比較的多量である水を硬水、少ないものを軟水と呼びます。
硬度は「石鹸の泡立ちにくさ」を示すものとして(硬度が高いほど泡立ちにくい)生活に密着したものであり、洗濯など、洗剤を使うものには大きく係わります。 

水の硬度は、大地を形成する地殻物質の違いや地形との関係が大きく、日本のように国土が狭く、雨水が地中にとどまる時間が短いところでは、地層中のミネラル分をあまり吸い取らないため「軟水」が多くなり、北米や欧州のように国土が広く、雨水が地中にとどまる時間が長いところでは「硬水」が多くなります。

硬度の分類

 硬度によって硬水や軟水に分類されます。硬水、軟水の分類も国ごとに違いがありますが、WHO(世界保健機構)では下記のように定義しています。

◎硬度の分類WHO(世界保健機構)飲料水水質ガイドライン

軟水・・・・・・・・0~60mg/L未満

中程度の硬水・・・・60以上~120mg/L未満

硬水・・・・・・・・120以上~180mg/L未満

非常な硬水・・・・・180mg/L以上

軟水と硬水のメリット・デメリット

料理では、硬水は灰汁を出しやすいため、シチューなど肉を煮込む料理に硬水は向いています。
軟水は溶けやすく、色や風味を出しやすいため、出汁を取る、お茶を入れる、米を炊くといったことに向いています。

硬水は代謝が促進さるので、脂肪の吸収を抑制し、便秘が解消されるため、ダイエットや便秘解消には、硬水を飲むことが効果的とも言われていますが、硬水を飲み慣れていない日本人が、硬水を飲みすぎると胃腸への負担が大きく、体調を崩しやすくなるので注意しましょう。

反対に、軟水は胃腸にやさしく、体への吸収効率が良いので、老廃物の排出を促進させます。また入浴や洗顔などで軟水を使うと、角質を柔らかくし、肌の乾燥を防ぐといった効果があるといわれ、デメリットらしいデメリットもないため、健康と美容を意識するのであれば、硬水よりも軟水の方が良いといえます。

洗濯では

硬水で洗濯すると泡立ちが悪く、十分に洗浄できないことがあります。その原因は、硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルです。これらが洗剤の成分と接触すると化学反応が起こり、カルシウム石鹸やマグネシウム石鹸と呼ばれる物質になります。これらは水に溶けない性質があり、洗濯物に付着したり、底に沈殿したりします。洗剤が洗濯物の汚れを分解する前に化学反応が起こってしまうため、泡立ちが悪くなってしまうのです。このため、洗濯物に石鹸カスが残り、黄ばんだり、黒ずんだり、ごわついたりというような問題が起きてきます。

日本の水道水は、ほとんどが軟水で、日本の洗濯用洗剤には、水道水に含まれる標準的な硬度分に合わせて、キレート剤という硬度分を封鎖する成分が入っているものが多く、規定量を守って洗濯すれば、このような問題も起きにくくなっています。しかし、化学反応が起こる前に洗剤が汚れに作用したとしても、汚れに含まれるミネラルと反応して同じ状況になってしまうケースもあります。

硬度分をほとんど含まない超軟水なら、石鹸カスがほぼ発生しないので、洗剤を少なめにしても泡立ちがよくて洗浄効果も高まり、石鹸カスの付着によるゴワツキもないので衣類にやさしく、柔軟剤がなくてもふんわり仕上がる効果があります。

 

超軟水のやさしい効果

軟水の中でも、硬度が限りなく0に近いものを超軟水といい、暮らしにやさしいさまざまな効果があります。

体にやさしい

保湿性があるため、乾燥肌にとても効果的です。
アルカリ単純温泉に近い柔らかい肌触りのため、入浴後はうるおうほどしっとりしたお肌になります。
また、つっぱり感もありません。あなたも素肌美人です。

住まいにやさしい

浴槽・洗面台・トイレなどの水回りに汚れがつきづらくなり、お掃除が楽になります。
また、少量の洗剤でも、食器・グラスなどの洗い上がりがピカピカになります。さらに、熱効率が維持され、湯沸かし器・温水器・エコキュート、そして配管などの機器寿命が長くなります。

衣類にやさしい

今までより少ない石けん・洗剤の量でよりミクロな泡を作り、洗浄効果を高めてくれます。
石けんカスが残らないため、タオル類・衣類がふっくらと仕上がり、生地を傷めません。
環境にも優しい軟水です。

料理にやさしい

そのまま飲んでも、安全で美味しいのはもちろんのこと、緑茶や紅茶、コーヒーなどの味がまろやかになります。ご飯もふっくら炊きあがります。
素材本来の味や香りをよりいっそう引き出すため、料理の味に差が出ます。

植物にやさしい

雨は軟水です。
花・植木・芝生・鉢植え・観葉植物など全ての植物が生き生きと育ち、毎日の手入れが楽しくなります。

アビ洗衣館では

当店の洗濯用水は、イオンソフナーを導入し、硬度分が0に近い超軟水を使用をしています。

(平成29年10月導入)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非、超軟水による洗濯効果を体験してみてください。